◆ 正会員紹介

【正会員・理事長】
畠山 憲子
(クリエイティブアシスタント 代表)

<profile>
1975年福井県生まれ。岐阜大学農学部卒業後、岐阜の老舗木材会社の事務として就職するが、プライベートで、その当時普及し始めたインターネットに興味を深めたのを機にクリエイターへの転職を決意。広告代理店で求人広告制作、テレビ番組制作でweb制作、多店舗運営会社の総務部としてweb制作、と様々な業界でスキルと経験を重ね、2004年フリーランスで「クリエイティブアシスタント」として独立、web制作を行う。
その後、異業種交流会で出会った伊藤麻美と共に2007年SNS「ビタ☆ショコ」を作り、2009年「株式会社ビタショコ」設立時に取締役に就任。2011年7月、伊藤から「ビタ☆ショコ」の代表を引き継ぎ新代表に就任後、8月にはNPO法人ビタショコの前身でもある「女性自立支援の会ビタショコ」の理事長にも就任。同年12月からは引き続きNPO法人ビタショコの理事長を務めている。小学生の娘を持つ母でもある。

女性支援に対する想い

実は私自身、インターネットを通じた人との交流に育てられてきて、
今があると言っても過言ではありません。

元々、農学部出身の経理事務だった私が「やっぱりクリエイターを目指そう!」と思い立ったのも
インターネットを通じて出会った人々の影響がきっかけでした。
ネットでの出会い、というと、俗に言う「出会い系」のイメージもありますが 
私は幸い、この人との出会いが人生のターニングポイントとなった!というほど素晴らしいメンターや、
「普通の生活していたら、この人とのご縁はつながらないでしょ!」という出会いをたくさんしてきました。

当団体の副代表でもある、伊藤麻美との出会いも、
インターネットで知り合った方にご招待された、ある交流会にて同席したのがきっかけでした。
出身も、年齢も、職業も違うふたり。
それが今や、会社を共に作る同志になるとは・・・

そんな経験まではいかなくても、もっと大勢の女性に
インターネットというきっかけの場を通じて、たくさんの知識や人に「出会って」欲しいなと思っています。
今までもその素晴らしさを伝え続けていきたいなと思っていましたし、伝えてきました。
実際に、ビタショコを通じて、多くの出会いが生まれているのを目にしています。
私にとっては、何よりもうれしいことです。

まだまだ「パソコンが苦手」「どう使っていいか分からない」という女性が多いのが現実。
使い方はもちろんですが、その先にあるご縁づくりなど
ネットを通して「できること」「楽しさ」を、伝えていけたらと思います。

クリエイティブアシスタントについて

事業内容 :web制作・管理/web記事ライティング/その他web戦略提案
HP : http://c-assistant.com

>