◆ 理事長挨拶

NPO法人ビタショコの理事長、畠山憲子と申します。
「創設から今までの歴史」でも述べておりますが、
2011年7月に伊藤からビタショコ代表の職を引き継ぎ、
また新法人設立時も、代表職である理事長に就任いたしました。 
どうぞ宜しくお願いいたします。


おかしな話かもしれませんが、運営者のひとりであった私自身が
「ビタ☆ショコってどんなところ?」「何やってるところ?」というご質問に対して
今まで、どう分かりやすく答えるか?という点に関しては、ずっと悩んでいました。

そもそもビタショコの核であった
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の良さを説明する難しさがありました。
ビタ☆ショコは、女性限定だったことが支持されていた点ではありましたが、
逆に言えば、男性をはじめとした非利用者が中を見ることができない
=良さが伝わらない、理解されないというデメリットも。
実際に利用している女性たちからは、喜びの声をたくさん伝えていただけるのに、
ここで素晴らしいコラボが生まれ、ステップアップのきっかけになった方がいるのに、
外に対してその魅力をどうやったら伝えられるだろう?というところに関しては
なかなか、うまく伝えきれていないと感じていました。 

このビタショコには、素晴らしい情報・人が集まる場所であるということを、
もっと知らない方にも分かるように、伝えていかなければ!
そんな使命感のもと、代表者という役目を担うことといたしました。

なお今後は、副代表であり創設者でもある伊藤麻美のほか、
新しく役員理事にお迎えした経営者の皆さんと共に
この「ビタショコ」を運営して参ります。

分かりやすく、より快適な場所へ・・・

SNS運営で守ってきた「東海女性限定」の「安心・安全空間」という部分は変えず、
団体として、"新生ビタショコ"を、よりステップアップさせていきたいと思います。

皆さま、どうぞ宜しくお願いいたします!


2011年12月7日
特定非営利活動法人ビタショコ  理事長 畠山憲子

>